>  > いきなりの即即が気持ちいい

いきなりの即即が気持ちいい

プルンプルンとした引き締まったおケツに手をまわしてソープ嬢のパンティを引き下ろします。股間のあたりにうっすらとした染みを発見。「敏感なんだね・・」と聞くと、「だって、お客さんがお上手なんですもの」なんて嬉しい言葉が返ってきました。優しく指を割れ目に添えて刺激すると、女の子は私の頭を掴んでよがります。どうやら淫汁も豊富な体質みたいですよ。「ねぇ、おちんちん、ちょうだい、ねえお願い」なんて言いながら私のちんぽを咥えます。ジュルジュルと唾液の音をさせてベロが別の生き物のように這いずりまわります。「そろそろ入れたい?」と女の子が聞くので、私が肯くと、お口でゴムを装着して私の上に跨ります。入口が狭いのか、焦らしているのかちんぽの先っぽをコチョコチョとくすぐります。やがて深く挿入・・。「あ、あぁぁ〜、スゴクかた〜い」なんて言いながら腰をぐるんぐるんさせるとさらに快感が押し寄せます。騎乗位から対面座位でキッスをしたりおっぱいを揉んだりして、最後は正常位で終了しました。

[ 2015-04-27 ]

カテゴリ: ソープ体験談

茨城の風俗店『レインメーカー』